複数校併願制について

I. 複数校併願制の実施について

 みなさまが受験される労災看護専門学校の設立母体である独立行政法人労働者健康安全機構は、全国に9つの労災看護専門学校を運営しています。
 この9校のネットワークにより、一般入学試験において「複数校併願制」を実施しています。
 この制度を活用され、労災看護専門学校への入学の機会を広げていただくことを期待します。

II. 複数校併願制とは

 「複数校」とは、全国の労災看護専門学校グループのことで、「一度の入学試験により、グループ内の学校を第3希望まで併願することができる」制度のことです。
 あらかじめ併願の希望を登録しておくことによって、もし受験した第1希望校(以下「受験校」といいます。)に合格とならなかった場合でも、一定の基準を満たしていれば、併願した第2・第3希望校(以下「併願校」といいます。)に欠員が生じた場合、その学校への入学資格を得ることができます。

III. 複数校併願による受験を希望される方へ

以下の留意事項をお読みいただき同意の上、別添の「併願希望届」を願書に同封の上返送してください。(後日受験票がお手元に届いた時点で登録完了となります。)

(1)グループ内の学校は、いずれも3年課程で、卒業と同時に国家試験の受験資格を得ることができ、例年全国平均を大きく上回る高い合格率で卒業生を送りだしています。併設する労災病院等充実した実習施設があり、共通となるカリ
キュラムのほか、各校特色ある授業を展開しています。
グループ内のどの労災看護専門学校に入学されても、入学金、授業料等は同じです。詳細は各校のホームページをご
覧ください。

(2)受験料や試験日、受験会場は、単願の場合と同じです。

(3)併願校への入学資格を得るためには以下の3つの基準を満たしている必要があります。
 ① 希望する併願校名を、あらかじめ書面(原書に同封の「併願希望届」にて届出をして受理されていること。
 ② 一次(筆記)試験において労働者健康安全機構が別に定める基準の得点を得ていること。
 (注)別に定める基準
 全国の労災看護専門学校の最低足切り点数以上、受験校の足切り点数未満の場合
 ③ 併願校への入学資格を得るための二次(面接)試験を受け、合格していること。

(4)併願校への入学資格取得の連絡は、受験校から行います。併願校への入学取得の連絡を受けた際に、断ることも可能です。

(5)併願校への入学意思を確認させていただいた後は、併願校への入学手続きのため、願書等提出いただいた情報を受験校から併願校へ引き継ぐこととなりますのでご了承ください。

(6)この制度の利用の有無等が、第1希望校の受験校の試験の評価に影響を及ぼすものではありません。

IV. 労働者健康安全機構グループ校(横浜以外)

釧路労災看護専門学校    東北労災看護専門学校
千葉労災看護専門学校    中部労災看護専門学校
大阪労災看護専門学校    関西労災看護専門学校
岡山労災看護専門学校    熊本労災看護専門学校
(各校の詳細情報はホームページをご覧ください。)

V. 問い合わせ先

 本件に係る問い合わせ先は、みなさまが受験される労災看護専門学校のほか、下記のとおりです。

労働者健康安全機構本部
医療事業部看護課
〒212-0021 神奈川県川崎市中原区住吉町1-1
TEL:044-431-8652(直通) E-Mail kango@honbu.johas.go.jp

※平成30年1月10日(水)までに、電話もしくは書面(任意様式)・メールにてお問い合わせください。電話による受付時間は土日・祝日を除く9:15 ~ 12:00 及び13:00 ~ 17:00 までです。

複数校併願性