キャンパスライフ

先輩からのメッセージ

ほほえみは、病む人に希望を与えます。
私たちは そんな看護師を目指しています。

同じ目標をもった仲間とともに

 入学して1ヶ月が経ち学校や寮での生活にも少しずつ慣れてきました。寮では初めて親から離れることへの不安がありました。しかし、すぐに会える距離に友達がいて、仲良のよい友人と部屋に集まったり、先輩との距離が近くお話を聞いたりと、とても楽しいです。隣の部屋の先輩に「何でも聞いてね」と言っていただき、不安が少し和らぎました。
 私は「人体の構造」や「人の感情」について以前から興味があったため、授業はとても楽しいです。また、授業ではグループを作ってみんなで話し合ったり、自分の考えていることを伝え合ったりと、コミュニケーションをとりながら考える授業があります。その授業では、自分の意見や気持ちを言葉にして伝えることは難しいと思いました。しかし、何度もグループで話し合い、ほかの友人の意見も聞くことで、自分の思考が深まったと感じています。少しずつではありますが、自分の話す力や聴く力が付いてきているのではないかと感じます。また、話し合う中で、友人や自分自身のよい部分などの新たな発見があったりします。
 これから楽しいことだけでなく辛く苦しいこともあると思いますが、友達と協力したり、先生に相談したりして乗り越えていきたいと思っています。同じ目標をもった仲間と、ときには協力し合い、ときには切磋琢磨し合いながら学習に励んでいます。私たちと一緒に横浜労災看護専門学校で学びませんか。

(1年生 F.H)

本校を目指す皆さんへ

 本校に入学して1ヶ月が経ち、寮生活や授業、学校生活にも慣れてきました。看護学校は、入学式が終わったらすぐに授業が始まり、今まで聞いたこともないようなことをどんどん習い、知識だけを頭に詰め込んでいくと思っていました。しかし、先生方の授業は専門的な内容もありますが高校までの授業が生かされることもあります。また、専門的な内容でもみんながイメージしやすい様に話し、わかりやすく教えてくださいます。先生によっては授業の最後にアンケートをとり、それにわからなかったところを書くと次の授業で詳しく教えてくださいます。授業はただ先生の話を聞くだけでなく、グループワークもあります。そこでは、将来看護をする時に大事な相手に意見を伝えることや、相手の話しをしっかり聞くコミュニケーション能力も高めることができます。この授業は慣れるまでは大変ですが、慣れるとほかの人の意見など新しい発見があるので楽しいです。
 私は寮から通っています。寮は学校から走って1分で着く距離にあるのでとても余裕のある生活ができます。一人暮らしが初めての男性でも時間があるので安心です。
 男子学生が少なく入学当初は不安でしたが、上級生との縦のつながりもあり、勉強面でも生活面でも相談を受けてもらうなど心強い関係ができました。
 看護師という目標を目指し、日々の努力を惜しまず仲間と共に過ごす学校生活はとても充実しています。皆さんも是非この横浜労災看護専門学校で一緒に看護師を目指し、学んでいきましょう。

 

(1年生 T.A)

目的や根拠を考えて行うことの重要さを実感!

 入学して1年経ち、この1年間で専門学校へ通ってきているという自覚を強く持つことが出来ました。それは専門的な授業を受け、看護師としての考え方や態度について指導を受けてきたからだと思います。
 学内の授業では、2年生となり看護に関する専門科目が増える中で、1年次に学習したことが少しずつ繋がってきて、学習する楽しさを実感しています。また、私は、看護とは患者に何かをするということだと思っていました。しかし、実習では援助をすることだけが重要なのではなく、目的や根拠を考えて行う事が重要だということを学ぶことが出来ました。このことは、看護師である指導者や先生からアドバイスやサポートがあったからこそ学ぶことができたとおもいます。
 先生方は学生と真剣に向き合って何度も教え励ましてくださるので、人をケアする専門の人となれるように諦めず努力することが出来ています。皆さんも学習環境とサポートの整っているこの学校で一緒に看護を学びませんか。

(2年生 Y.K)

本校で学ぶ喜びを知ってほしい

 私は本校に入学して2年が過ぎました。
 本校では、講義の際にグループワークが多くあり、そこで今までに得た知識をどう看護に活かしていくのかを学ぶことができます。多くの意見に触れて、新たな知識や見解を吸収していくことにより自分自身の考えを持ち、「看護とは何か」を常に考えるようになりました。実習では、自覚症状のあまりない患者さんを受け持ちました。自覚症状を感じないと病気の悪化に気づけないことがあるので、私はモニターを患者さんと一緒に観察することで、自覚症状に気づけるように関わりました。実習は大変なこともありますがその半面、喜びも大きいです。受験生のみなさんにも、是非この喜びを本校で感じてほしいです。
 クラスには、それぞれ異なった環境から同じ看護師という目標に向かって頑張る仲間が集まってきます。年齢、性別、生活環境が違うことから、幅広い多様な価値観に触れながら勉学に励む事が出来るのは本校の特徴だと思います。また看護について専門的に学ぶことが多いため、充実した学生生活を送る事ができます。
 私は本校に入学して良かったと思っています。受験生の皆さんも、私たちと一緒に看護を学びませんか。

(3年生 K.O)

pageup